シーリング工事

外壁などに設けられたコンクリートの打継目地や伸縮目地、アルミサッシなどの建具や金属製の金物とコンクリートの取り合い部分には、シーリング材による止水処理が施されています。シーリング材は陶磁器タイル面など露出して使用する場合と、表層を塗材で保護する場合で材料は異なります。

一般にシーリング材の耐用年数は10年程度とされますが、外壁などの外部環境の影響を受けやすい雨掛り部分と、バルコニーや廊下内側などの非雨掛り部分では、同種のシーリング材であっても劣化の進行具合が大きく異なるため、保証期間は5年間であることが一般的です。

足場がないと作業ができない部位に関しては大規模修繕工事のタイミングで、シーリング材の打替えを行うことが望ましいです。足場を必要としない箇所については、劣化が軽微な場合は、予算削減のため施工しない場合もありますが、鋼製建具など鉄部塗装を実施する箇所については錆止め等の絡みもあるため、先送りできる箇所は少ないといえます。

旧材の撤去から新しいシーリング材の充填までの作業は原則として1日で行います。旧材の撤去を確実に行い、接着力を確保するためにプライマー処理を確実に行うことが、シーリング工事の重要なポイントとなります。