防水工事

屋上・屋根防水工事

大規模修繕工事と同時に屋上防水工事を実施する場合には、仮設足場を安全対策として利用することができますが、単独で屋上防水工事を実施する場合には、スタンション(仮設手摺)などの安全対策を別途講じなければなりません。

屋上防水は、「アスファルト防水」「シート防水」「塗膜防水」に大別されます。既存の防水の工法、状態、費用などを考慮して改修方法を選択します。全面的に防水層を撤去する場合と劣化部を補修し、立ち上がり部など部分的に撤去したうえで、新規防水層を被せる工法があります。1~2回目の屋上防水の改修では、防水層を全面撤去することは少ないです。防水層を撤去する場合は天候に留意して仮防水を確実に実施することが大切です。また、ドレン周りやパラペットとの取り合い部など、漏水が発生しやすい箇所の施工は特に慎重に行う必要があります。そのほか、過去に漏水が発生している場合、調査を行い原因を究明したうえで工事を行うことが重要です。

通常、屋上防水の保証期間は10年間ですが、近年では15年保証のグレードの高い仕様を採用されるケースも少しずつですが増えています。部分的な補修、改修は保証の対象となりませんし、保証期間10年間の中間の5年目に防水層のトップコート塗りを条件としているケースもありますので、保証書の内容は確認が必要です。

勾配屋根は、アスファルトシングル、スレート瓦、コロニアル屋根、金属屋根など多様です。アスファルトシングルは保護塗装や貼り重ね改修を行います。その他の屋根は耐用年数が長いため、部材の交換や部分補修の場合が多いです、屋根材にアスベストを含有している材料の場合、養生と発生材の処分費用が別途必要となります。

バルコニー、廊下・階段防水工事

階下に居室がないバルコニーと居室があるルーフバルコニーでは改修方法が異なります。

バルコニーは排水溝、立ち上がり、ドレン周りなど細かい部分にも継ぎ目がなく施工ができる「ウレタン塗膜防水」が施工されることが一般的です。以前はバルコニー全面をウレタン塗膜防水(滑り止めのチップ入り)にて施工するケースが主流でしたが、最近は排水溝と幅木をウレタン塗膜防水、平場を防滑性のある塩ビシート張りという複合工法が一般化しています。塩ビシートのエンボス(凸凹)は防滑機能がある反面、汚れがつきやすいというデメリットもあるので材料選びには注意が必要です。いずれの工法も5年間の保証期間となります。バルコニー全面をウレタン塗膜防水した場合は、次回の防水の際、塗り重ねが可能です。塩ビシートは旧材を撤去して張替えとなります。張替えない場合は排水溝・幅木のウレタン塗膜防水と塩ビシート端部のシールの打替えをすることが望ましいです。

ルーフバルコニーは階下に居室があるため、屋上防水同様10年間の保証がある工法にしなければなりません。一般的にルーフバルコニーはアスファルト防水の上に押えコンクリート(シンダーコンクリート)を打設して仕上げられていることが多く、20年間程度は全面的な防水改修は必要ないとされています。しかしながら、床ではなくパラペットやドレン周り、立ち上がりから漏水するケースもあるので注意が必要です。

廊下や階段もバルコニー同様、新築時には防水処理をされていないケースもありますが、美観の維持、躯体コンクリートの保護のため防水工事を施工することが望ましいです。バルコニーと違うのは、足場がなくても施工が可能だということです。修繕積立金の有効利用から先送りすることも一案です。先送りした場合は、養生費が張替える場合より割高になること、大規模修繕工事できれいになった後に少し目立つこともあり注意が必要です。

階段は新築時に防水処理がされていないこと多く、防水をすることで以前なかった水たまりが発生し、クレームになることがあります。今まで降雨時にたまった水がコンクリートに浸透していたのに対し、防水をすることで水をはじくようになったことが原因です。できるだけ勾配調整を行い、水たまりが少なくなるよう施工会社も努力はしていますが、構造の問題で施工の限界はあります。その場合は雨の吹き込み対策を検討してみるのも一案です。